一番効くバストアップサプリの効果的な飲み方でAカップが大きくなる

バストアップサプリの効果的な飲み方

 

こんにちは、美しいバストアップ局です。

 

バストアップサプリの飲み方については、色々な議論があります。
そこで、当サイトでも効果的な飲み方について調べてまとめました。

 

バストアップサプリを飲んでるけどいまいち結果がでていない人には試してほしい飲み方です。


バストアップサプリを効果的に飲む方法

 

バストアップサプリの効果的な飲み方にはポイントが5つあります。
ですが、全てを守る必要はありません。

 

バストアップサプリは、あくまでもサプリで薬ではありません。
基本的には、摂取量さえ守れば健康被害の心配はないですし、いつでも飲んでいい物です。

 

当サイトでは、せっかくバストアップサプリを飲むのだから効果的に飲みたい人のために情報を提供しているの飲むときの参考にしてもらえばと思います。


バストアップサプリを効果的に飲む5つのポイント

プラシーボ効果は大切!思い込みは、人間が出来る唯一の事だと思います。思い込みで身体に変化が出る可能性があるので大きくなると信じましょう。

 

バストアップサプリを飲むときには、プラシーボ効果は意外にも必要です。
プラシーボ効果は、実際に色々な結果があって薬でもないのにそれを飲み続けると治ったりすることがあります。

 

これは、バストアップサプリでも同じ事で、胸が大きくなると思い込むことで身体が反応して胸が大きくなる可能性があります。

 

想像妊娠も同じで、思い込みで身体は変化するので、人間の身体は理屈では分からない不思議な事がおきます。
思い込みは、とても大切なバストアップサプリの飲み方の1つです。

 

毎回飲むときに、「これで胸が大きくなる!」と強く思い込みましょう!

1日の摂取を一気に飲むのではなく複数回に分けて飲むのがおすすめです。より身体に吸収される量を増やすためや吸収回数を増やしてより作用しやすくするためです。メーカーによっては1粒の場合は分けて飲む必要はないです。

 

バストアップサプリを1回で全て摂取するのではなく2回で分けると良いです。
プエラリアの1日の摂取量は、200mg〜400mgと言われており、身体への負担も考えてほとんどが250mg程度です。

 

この250mgを一気に摂取するのではなく2回に分けて摂取するのが良いです。
サプリの1粒の含有量は100mg〜125mgなので2回に分ける事が出来る商品が多いです。

 

1粒で1日分ならピルカッターで綺麗に割って飲むのが良いです。

 

体内動態というのがあって摂取してから身体に入って体外に出るまでの時間があります。
そういった事を考える上でも複数回に分けた方が効果的だと考えています。

バストアップサプリを飲むときは空腹時に飲むが良いです。空腹時は、サプリの吸収力が違うのでより効果的です。食後だと吸収力が悪くなってサプリの効果が悪くなります。胃が弱い人に限り食後がおすすめです。

 

バストアップサプリを飲むタイミングですが、空腹時に飲むが良いです。
空腹時は、サプリの吸収力がよくなるのでより効果的だと言われています。

 

食後に飲んでしまうと上手く吸収されずに終わってしまうので効果的だとは言えません。

 

また、朝起きてすぐに飲むのも胃に負担がかかるのであまりお勧めできません。
朝食と昼食、昼食と夕食の間のどちらかで選びましょう。

 

ただ、胃が弱い人は、空腹時でなく食着に飲んだ方が良い場合もあるので一度様子を見てから判断しましょう。

空腹時ともう1つは、就寝前です。就寝前は、空腹時であり吸収力がいい他にも成長ホルモンとの相乗効果が期待できます。相乗効果を期待するためにゴールデンタイムに眠るのが大切です。

 

就寝前にバストアップサプリを飲むのも効果的だと言われています。
就寝前は、空腹状態であると共に、成長ホルモンとの相乗効果を狙っています。

 

成長ホルモンもバストアップに関係しているので重要なホルモンです。

 

より効果を発揮するためには、ゴールデンタイムと呼ばれている22時〜深夜2時の間には寝るようしましょう。
この時間帯が一番成長ホルモンが出るからです。

 

遅くとも12時には布団にはいって身体を休めるようにしましょう。
ストレスを抱えるのもよくないですからね。

 

生理周期に合わせて飲む事も重要です。
卵胞期には、エストロゲンが優位になるので、プエラリアやアグアヘ、ブラックコホシュが有効で黄体期はプロゲステロンが優位になるのでワイルドヤムが効果的です。

 

卵胞器は出来るだけエストロゲンを活発化させるのが大切なので、普段よりもプエラリアを多く摂取する。
1日に2粒なら3粒飲んでみるなど。
※当サイトでは、2粒で充分だと考えています。

 

黄体期は、プロゲステロンを優位にしたいので1日に1粒に抑える。
このような飲み方がバストアップサプリには必要です。

 

ただ、多く摂取して身体の調子を崩すといけないので、不調を感じたらすぐにやめるべきです。

 

メーカーによっても飲み方が違うので例を2つ紹介します。

B-UPとLUNAの飲み方

 

バストアップサプリの5つの効果的な飲み方について解説しました!
ですが、生理周期について飲み方が非常に分かりにくいと思います。

 

それは、メーカーによって飲み方が違うし含有用も違うからです。
そのため、今回は当サイトでも一押しのビーアップとLUNAの商品で具体的な飲み方を紹介します。

 

なるべく分かりやすく解説していきます。


ビーアップの整理周期に合わせた飲み方

 

ビーアップは、1日2粒で含有量が250mgです。
エストロゲンが優位になる排卵期までは、1日2粒から3粒で飲みます。

 

3粒でも375mgなので上限摂取量を守っていますが、副作用の可能性が出るので無理しなくても2粒で問題はありません。

 

仮に2粒で飲むなら空腹時と就寝前に飲むようにしましょう。

 

排卵期が終わり黄体期になったらプロゲステロンの方が優位にならないといけないので、プエラリアをいつも通りにとってしまうと逆転してしまう可能性があります。

 

そのため、1日1粒飲むようにしましょう。
ビーアップは、黄体期でも飲めるようにワイルドヤムが含まれています。

 

これで、エストロゲンとプロゲステロンのバランスを取っているんです。

 

LUNAのバストアップサプリの飲み方

 

LUNAは、ビーアップのように量を替えるのではなくバストアップサプリが2種類あって完全に使い分けるサプリです。

 

卵胞期には、プエラリアを100mg取るようにして身体に出来る限り負担をかけないようにしています。
排卵期までは、エストロゲンを優位にすることが大切なので100mgでも充分に結果が出ると思います。

 

黄体期に入ると、プエラリアの摂取はやめて、もう一つのプロゲステロンのバランスをサポートするワイルドヤムとチェストツリーをとるようにする。

 

このように、生理周期に合わせたバストアップサプリもあります。

バストアップサプリは 商品で飲み方が変わる!バストアップサプリには、効果的な飲み方があります。でも、商品によって変わる物です。当サイトで紹介している飲み方を参考にして自分にあった方法を探しましょう!