痩せ型の胸が小さい人でもバストアップサプリで胸に脂肪が付くの?

痩せ型貧乳のためのバストアップ方法

 

こんにちは、美しいバストアップ局です。
痩せ型でガリガリで胸が小さい人は、胸が大きくならないと思い込んでいる人が多いです。

 

確かに、体質もバストアップに影響してきますが、胸が大きくなる仕組みは誰でも同じです。

 

きちんとした生活習慣や栄養をしっかり取る事、きちんとしたバストアップサプリを使う事で胸を大きく出来る可能性はあります。
痩せ型の人のためのバストアップ方法を紹介します。


痩せ型がバストアップしにくい理由とは?

上半身痩せ型の女性は、バストアップがしにくいと言われています。
確かに脂肪が付きにくく胸が大きくなりづらい傾向にあるように思います。

 

しかし、痩せ型の人でも胸が大きくなる可能性は充分にあり、やる事をやれば1〜2カップのサイズアップは可能だと思います。

 

画像

 

痩せ型の女性が胸が大きくなりにくい理由の1つが、食べても太らない体質です。
栄養を吸収しづたい体質なのか、太っている人から見れば非常に羨ましい悩みです。

 

ですが、この太りづらい体質が胸が大きくならない原因の1つです。
太ったとしても上手く胸に脂肪が付くは疑問ですが、脂肪が付かない事には胸は大きくなりません。

 

このタイプの体質の場合は、太ろうとしても太らないので栄養をしっかり取る必要があります。

 

そして、女性ホルモンをしっかり分泌させる事が重要です。
女性ホルモンがしっかり分泌されれば乳腺が増えてそれを守ろうとして胸に脂肪が増えます。

 

画像

 

痩せ型で太りづらいのもあり体脂肪が少ないのも胸が大きくなりづらい理由の1つです。
女性の体脂肪は、30%前後は理想的で20%を超えると女性ホルモンが活発化になります。

 

それが、痩せ型の人は体脂肪も20%以下でBMIも20以下の人が多いです。
今は、体脂肪が20%以上でBMIも20以上であれば痩せ型には当てはまらないので当サイトでお勧めするバストアップサプリを使えば胸を大きくする事は可能性はあります。

 

しかし、20%以下の人はバストアップサプリの他にもやる事は多くなります。

 

胸を大きくするためには、サプリの他にも食事や生活習慣など改善する点も多くなります。

 

画像

 

食生活が偏食であると栄養不足になりがちです。
必ず1日3食食べる必要や高タンパク質の食事を心がける必要があります。

 

太らなくてもタンパク質はしっかり摂った方が良いです。
スムージーなどで必須栄養素をとったりするのもありです。

 

ミネラルやビタミンも意識するとなおよいです。

胸を大きくするための前提の条件

胸を大きくするための3つの条件があります。
この3つは、バストアップするためには必要な事です。

 

とても基本的な事なので、誰でも出来ます。

 

画像

 

下着のサイズが合っていないと締め付けが血流を悪くして胸に栄養が行き渡りません。
スカスカ過ぎても胸の脂肪が脇や背中、二の腕に流れてしまいます。

 

ブラを購入するときは、しっかりサイズを測る事が大切です。
必ず店員さんに、トップバストとアンダーバストを計ってサイズを合わせるようにしましょう。

 

胸が大きくなってきたら必ず新しいブラジャーに替えていく事も忘れてはいけません。

 

お金に余裕があるなら育乳ブラ(補正下着)を使う事でよりバストアップに効果的です。
痩せ型であっても少しでも胸に脂肪を寄せる事でバストアップの可能性は高くなります。

 

画像

 

ストレス解消もバストアップには大切な事です。
仕事や人間関係、周りの環境でストレスをため込んでいませんか?

 

ストレスをため込むと常に体が緊張した状態になって体の血流も悪くなったり、ホルモンバランスが崩れてしまう原因になります。
エストロゲンの分泌が悪くなると胸が大きくなる可能性が低くなってしまいます。

 

だから、エストロゲンとプロゲステロンのバランスを整えるためにもストレスを溜め込まにように、ストレスを解消するようにしましょう。

痩せ型のためのバストアップ方法(まとめ)

痩せ型の人のためのバストアップ方法をまとめました!
痩せているのに胸が大きい人がいる以上は痩せ型でも胸は大きくなります。

 

この3つの事を意識する事が痩せ型の人でも胸が大きくなる可能性があると思います。

画像

 

まずは、日常生活の見直しで食事と睡眠を改善するようにしましょう。

 

食事は、1日3食でタンパク質をしっかり取る事です。
中には、プロテインを摂っている人もいてタンパク質をしっかり取る事が出来ます。

 

取り過ぎると太るだけになってしまう事もあるので注意が必要です。

 

睡眠時間も大切で、深夜まで起きているようだと成長ホルモンが分泌されません。
ゴールデンタイムと呼ばれている22時〜深夜2時に睡眠に入るようにしましょう。

 

遅くとも24時には寝るようにしましょう。
バストは寝ているときに成長するので、女性ホルモンと成長ホルモンの相乗効果を狙うと効果的だと言われています。

 

 

画像

 

バストアップで一番大切なのが女性ホルモンの分泌で、バストアップのツボを押す事で女性ホルモンを活発化させます。

 

バストアップのツボは9つあります。
毎日、全部のツボを押すのは大変だと思うので、当サイトでは最低でも3つのツボを押す事を推奨しています。

 

 

朝、昼、夜と1日3回押す事。
1回につき3回で10秒ぎゅーっと押したら引いてを繰り返します。

 

そんなに時間もかからないので、暇なときを見つけてやるといいですし、自宅でやるならテレビを見ながらでも出来ます。

 

画像

 

バストアップサプリだけに頼るのではなくバストアップクリームを併用するのがお勧めです。
バストアップサプリには、プエラリアミリフィカという成分が含まれていてそれが女性ホルモンを活発化させます。

 

確かに、バストアップサプリは効果が高いがゆえに副作用もあるので摂取量は適度に抑える必要があります。
しかし、サプリメントだけでなくクリームも使った方が可能性が高くなります。

 

クリームはボルフィリンという成分を使用していて、胸に脂肪が付きやすくなります。
痩せ型の人は、ただでさえ胸に脂肪が付きにくいのでボルフィリンの作用は効果的ではないかと考えています。

 

内側から外側からのW効果でバストアップを図るといいより良いです。

 

サプリやクリームを購入するとなると非常に高い値段になってしまいますが、セット購入が出来るプランがあるのがベルタプエラリアとビーアップという2商品です。

 

当サイトでは、痩せ型でバストアップしたい方にお勧めしています。