バストアップサプリの生理前と生理中のときの付き合い方を紹介

バストアップサプリと生理の関係とは?

 

こんにちは、美しいバストアップ局です。
バストアップサプリを飲むと太ると言われています。

 

実際に飲んで太ったという人がいるのは事実で、それと一緒に胸も大きくなった人が多いです。

 

しかし、適量を守って摂取すれば急激に太るという事はないと思います。
過剰摂取が招いた結果が太る事につながります。


バストアップサプリを飲むと生理が遅れる


バストアップサプリは、女性ホルモンと関係しているので生理が遅れると聞いた事があると思います。
実際に、サプリを飲んでから生理が遅れたり、来ないといった症状を訴えている人はいます。

 

しかし、バストアップサプリを飲むと必ず生理周期が狂ってしまうのではなく飲み方に問題がある場合が非常に多いです。

 

正しくバストアップサプリを飲む事が非常に重要で、胸が大きくなる事にも関係しています。

生理が遅れるのは過剰摂取が原因

バストアップサプリを飲んでから生理が遅れる原因の1つに過剰摂取があります。
「早く胸が大きくなりたい!」と焦って適量を超えて飲んでしまうと女性ホルモンのバランスが崩れて生理が遅れる事があります。

 

焦らずに、摂取量を守るようにしましょう。
メーカーによっては、プエラリアの含有量が多い事もあるので生理が遅れるような事があれば量を減らした方が無難です。

 

1日のプエラリアの上限摂取量は、200〜400mgと言われていますが、始めは100〜250mgを目安に飲むのがお勧めです。
飲み過ぎると生理以外で副作用が出るケースがあります。

 

プエラリアが体質に合わない事もある

プエラリアは、薬ではありませんが効果が非常に高く女性ホルモンにかなり影響してきます。
そのおかげで胸が大きくなる可能性があるわけですが、それがゆえに、体に合わない事も普通にあります。

 

プエラリアが体質に合わず生理周期が乱れるだけでなく偏頭痛や吐き気、肌荒れが起きてしまいます。
プエラリアの含有量100mgでそういった症状が起きた場合は、すぐにやめた方が良いです。

 

サプリの服用をやめてから調子がよくなった!という人も大勢います。

 

もう一つは、バストアップの効果を感じる事が出来ない人もいます。
3ヶ月続けて期待する結果にならなければやめましょう。

 

それ以上続けても望は薄くお金がもったないです。

20歳以下は飲むべきでない

20歳以下は、女性ホルモンがまだ安定していないので、影響を受けやすい時期です。
中学生や高校生のときは、絶対に飲んではいけません。

 

高校卒業しても20歳になるまではバストアップサプリは控えるべきです。

 

女性ホルモンの影響が受けやすい時期は、甲状腺異常や妊娠・授乳期間なども同じ服用は控えるべきです。
20歳以上で健康なときにしか飲んではいけません。

生理周期に合わせて飲むのが重要

 

バストアップサプリは、量を守る事も大切ですが、生理周期に合わせて飲む事も重要です。

 

適当に毎日一定の量を飲むのではなく量を調節しながら飲むのが良いです。
毎日同じ量を飲むと生理が遅れる原因にもなります。


生理中にバストアップサプリを飲んでも大丈夫?

生理中のバストアップサプリは控えた方が無難です。
大量に出血した日から5日〜7日はサプリの服用は控えましょう。

 

女性ホルモンの影響を受けやすい時期は、基本的に控えた方よく副作用を引き起こす原因になります。
生理中は、エストロゲンとプロゲステロン穏やかなであまり影響を与えない方でいいです。

 

卵胞期に入るとエストロゲンの分泌が増えるのでそれに合わせてバストアップサプリを飲むのが効果的です。

生理前はバストアップサプリは抑えるべき

生理前の黄体期の2週間もバストアップサプリは抑えるべきです。
いつも2粒で250mg摂取しているなら100mg程度まで抑えるか飲まないという選択肢が良いと思います。

 

生理前の黄体期ではプロゲステロンが優位になるのが大切で、エストロゲンを活発化させる必要はないですし、エストロゲンとプロゲステロンの分泌量が逆転しても困ります。

 

バストアップサプリの商品にもよりますが、完全に飲み分けるタイプもあり、プロゲステロンの分泌を促すワイルドヤムなどが含まれています。

バストアップサプリの飲み方(まとめ)

バストアップサプリの生理周期に合わせた飲み方をまとめます。

 

1.生理中はバストアップサプリは控える(月経5日〜6日)
2.卵胞器はバストアップサプリを適量を飲む
3.排卵日を境にバストアップサプリの量を半分にしてプロゲステロンの分泌を意識する(黄体期)
4.生理が近づいてきたらバストアップサプリを控える

 

この1〜4の繰り返しでの服用がお勧めです。
※バストアップサプリによっては2種類あって黄体期にはプエラリアを飲まずにワイルドヤムを飲むタイプもあります。

バストアップサプリでの注意点

 

バストアップサプリの過剰摂取や飲むタイミング以外にも注意点があります。
最近の女性でピルを飲んでいる方が多いと感じています。

 

その併用の危険性について解説していきます。
また、PMSについても触れていきます。


ピルとの併用は危険?

ピルとバストアップサプリの併用は、絶対にやめてください。
ピルを服用している時点で、通常よりも女性ホルモンの分泌が活発になっています。

 

そこに、プエラリアミリフィカを摂取すると女性ホルモンの分泌が過剰になって別の病気やトラブルが起きてしまう可能性があります。

 

女性ホルモンの活発化して胸が大きくなる可能性は高くなるのかもしれませんが、非常に危険なので止めましょう。
というよりも、ピルを飲んでいるならバストアップサプリは必要ないです。

 

PMS(月経前症候群)

バストアップサプリを飲むと女性ホルモンのバランスが崩れてPMSに悩まされてしまう人もいます。
そういう人は、基本的に過剰摂取をしている人が多いので、適量を守れば怖い物ではないと思います。

 

むしろ、バストアップサプリを飲んでからPMSの症状が軽くなって楽になった人もいます。
過剰摂取しなければ、良い方向に転んでくれると思います。

 

ちょっとでも、悪い方向に向いてしまうようであれば服用を控えるようにしましょう。

 

副作用が怖い人にお勧めのバストアップサプリ

バストアップサプリは、生理周期に合わせて飲んで過剰摂取さえしなければ安全なサプリです。

 

それでも体質に合わなかったり生理がこない、副作用が怖い人は体に優しいバストアップサプリがお勧めです。
プエラリアの含有量が少ないサプリで時期に合わせて飲むタイプとブラックコホシュという女性ホルモンのバランスを整える成分であるバストアップサプリの2種類がありm佐生。

 

当サイトでは、この2つのバストアップサプリは副作用が怖い人に唯一お勧め出来る商品です。